Amazonアフィリエイト用のAPIである、PA-APIを利用する為の条件が変更になる?

Amazonアフィリエイト用のAPIである、PA-APIを利用する為の条件が変更になるという通知がでていますね。

もう既に1/23は過ぎておりますので、どういう事か読み解いてみましょう。

参考ページは、こちら

一部引用してみましょう。

変更内容について

Product Advertising API (以下PA-API)ではこれまで全てのお客様に初期状態にて1秒間に1リクエストのサービス提供をしてまいりました。
2019年01月23日よりこの条件を変更し、初期状態にて1日のリクエスト上限を8,640リクエストとし、追加の日次リクエスト可能数の上限を毎日動的に変更する下記仕様といたします。

  • 初期リクエスト可能数 : 1日あたり 8,640リクエスト(API利用開始より60日間)
  • PA-APIより取得した商品リンクより発生した、過去30日間の発送済み商品売上$0.05(日本円で約5円)ごとに1リクエスト追加
  • 1日の最大リクエスト可能数は、1日あたり864,000リクエスト

また、発送済み商品売上が過去30日以内に発生していない場合、PA-APIをご利用いただけなくなる恐れがございます。
なお Amazon Link Builder(WordPressプラグイン)のご利用には影響はございません。

これまでの仕様では、1秒間に1リクエストならOKでした。
これは1日に換算すると、最大で60秒×60分×24時間=86,400リクエストまでOKという事になりますね。

これが、今後は、1日あたり、8,640リクエストが上限になるという事です。
一定のタイミングで使った場合、10秒に1回の頻度という事になりますね。

まぁこれでも一般的なサイトでは問題ないように思えます。
更に、過去30日間の発送済み売上5円毎に、1リクエストが追加されるようですね。
1000円のものが売れれば、その後30日間、200リクエスト増えるという事でしょう。

仮に元の86,400リクエストまで増やそうと思うと、過去30日間で
(86,400 ー 8640)× 5円 = 388,800円
の売り上げを出していれば良いという事でしょうか。

この売上には程遠いですが、過去30日で売上が0円という事は無いので、条件変更後の1日あたりの上限数であっても、当分はアマゾン検索結果広告の運用に支障はないと考えております。

更に、利用者が増えれば増えるほど、売上が増え、リクエストも増大するはずですので、その点でも問題は無さそうですね。

今回の条件変更は、まーーーったく売上を上げないのに、リクエストばかりガンガンかけてくる人対策という事なのでしょう。
(きっと、せどりなどの監視システムなどで使っている人対策なのかな?)